FC2ブログ
カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

我が心のふるさと
我が心のふるさと、遥かなる原風景、いつまでも消えることのない幼き日の思い出・・・限られた”同士”のみ参加することの許されたこのページ。井上陽水の「少年時代」でも聞きながら・・・杉戸町宮前泉地区・・・
いつの日か再開を誓い合う
中国は上海へと旅立つ親友 ”清鼠” に捧ぐ・・・

じゃあな!!


餞別だ!!これもってけ!!

・キャプテン 26巻
・プレイボール 22巻
・プロ野球カード 赤い稲妻 柴田
・ファミコン 「ベースボール」と「アルゴスの戦士」
・ダンホールゲーム
・らったった




元気でな!!



スポンサーサイト



テーマ:杉戸 - ジャンル:地域情報

「ベースボール」白黒の時代
古き良き昭和の少年時代・・・

我らの少年時代に旋風を巻き起こしたゲーム機。
そう、言わずと知れた任天堂の「ファミリーコンピューター」ファミコン。

先日、10月31日で「初代「ファミコン」など公式修理サポート終了」
というニュースが流れていた。

ひとつの時代の終焉ということだろう。

少年時代のファミコンに関する逸話は色々あるが、その中からひとつ・・・

我が家にはファミコンはなかった。
ファミコンではなく「任天堂初代ブロック崩し」があった・・・
まあその話はまた次の機会に・・・

僕は、ファミコンをやりたくてしょうがなかった。
そんな時ついに親友がファミコンを購入したため、よく親友の家で楽しんだものだ。
野球少年だった僕らはボードゲーム「リアル野球盤」を卒業し、ファミコン版「ベースボール」に熱中した。

持ち主の親友は寝る間を惜しんで、指が痙攣するまで練習を重ね、あっという間に上達していった。
僕は親友の家に遊びに行った時にだけやらせてもらうので、あまり上達しなかった。
野球盤ではいい勝負をしていたのに、ファミコン版ベースボールでは歯が立たない・・・
そこで、親友に無理なお願いをして、半ば強引に本体ごと借りてしまったのだ。

本体を借りたはいいが、つなげるテレビがない。
いや、まて、あるぞ。
昔の14型テレビがまだあった!!
こいつにつないで・・・よし!
映った!

ううぅっ

なんじゃこりゃーーー

ガビガビガビーーーーン

テレビに映し出されたのは、

白黒のベースボール!!

そう、当時はまだ白黒のテレビもまだまだ現役だったのだ・・・

こ、これじゃチームがわからん・・・

と文句をいいつつも、親友に勝つことだけを信じて、白黒のベースボールに興じていたのだった・・・

懐かしきあの日々。


テーマ:杉戸 - ジャンル:地域情報