FC2ブログ
カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

我が心のふるさと
我が心のふるさと、遥かなる原風景、いつまでも消えることのない幼き日の思い出・・・限られた”同士”のみ参加することの許されたこのページ。井上陽水の「少年時代」でも聞きながら・・・杉戸町宮前泉地区・・・
オレンジボーイズ「リトルパワーズ」
「平成の大合併」に乗り遅れ、今なお”郡”(北葛飾郡)でがんばる秘境杉戸(しかも大字)

そんな”郡”杉戸にも70年代、少年野球チームが8チーム位あった。
ジャガーズ
ファイターズ
ライオンズ
パイレーツ・・・

当時(もう25年も前になるのかぁ)小学生はみんな野球チームに入るのが当たり前の野球全盛時代であった。

ジャイアンツのV9黄金期以降の、そう、まさに第1次長嶋監督政権時代・・・
安打製造機張本、アンダースロー小林、快速柴田・・・
それに加え、中畑、原、篠塚、西本などなど・・・まさに黄金期といえるスターぞろいだった。

もちろん僕も、親友も近場のチームに入っていた。
チームの名は泣く子も笑う

リトルパワーズ

ちなみにチームカラーはオレンジと来たもんだ!
僕は少年時代の大半をリトルパワーズと過ごした。
ケン坊、沼っち、ふる○ん、き○こ、かまちゃん・・

その思いでを紐解けばいくらでも出てくるが、その中でも取って置きを語ろう・・・

いよいよ小学校6年生、最上級生になり僕はセカンド親友はエースとなる。

親友はサウスポーで上背も有る。
球のスピードも申し分無い。
いや、小学生にしたら速い部類の球を投げていた・・・
が、しかし、問題がひとつだけあった

…ストライクが入らない…

そうコントロールが悪すぎたのだ

試合になるとそれは露骨に結果として出てしまう・・・
フォアーボールを連発し何とかツーアウトまでこぎつけるがここで痛恨の押し出し
…さらにまた押し出し

僕は後ろから背番号1番に声を掛ける。

「ドンマイドンマイ球1個外れただけ!」

親友は僕の方を振り向き頷いてみせる。

…しかし、3個目の押し出しを出した時

監督がピッチャーの交代を告げる・・・

遠くでは蝉が鳴き続けている
悔しさをこらえファーストに入る背番号「1」
僕は歩みより「大丈夫!これから逆転しよう」
力強く頷くエースの目はやる気に満ち溢れていた・・・

遠い日の夏…
古き良き少年時代…

スポンサーサイト



テーマ:杉戸 - ジャンル:地域情報